運動をはじめる最高のタイミング

こんにはちは! パーソナルトレーナーの吉村です。 今日は介護予防をはじめるタイミングについての記事を 書こうと思います。 このブログでは元気な高齢者になるための秘訣について 発信しておりますが、元気な高齢者になるための結論としては 介護予防する…

寝たきりにならない介護モデル

日本は言わずと知れた世界一の長寿国とされていますが 寝たきり大国ともいわれています。 介護が最先端のスウェーデンでは寝たきり老人がほとんどいないとされ、いたとしても終末期ケアが行われる数日から数週間の短期間だけ。 スウェーデンの寝たきりになら…

日常生活で介護予防する3つのポイント

普段何気なく行っている日常生活動作の積み重ねが知らず知らずのうちに身体に負担をかけていて介護のリスクを高めることにつながります。 特にシニア世代の方は要注意。 いくら効率的な運動をしていても普段の動きを変えないかぎりは根本的な問題の解決には…

【介護予防】シニアの相撲体操

相撲は日本の伝統文化であり1500年以上の歴史が続いています。 さまざまなスポーツ競技がある中で最も足腰の強さが鍵となる競技でしょう。 なぜならば転ばない(倒れない)ことが重要視される競技だからです。 介護予防においても同様、転ばない(倒れない)こと…

腰は身体の「要(かなめ)」

前回のブログで高齢者には骨盤が後ろに傾く 後傾(こうけい)が多く それに伴い身体に様々な悪影響が及ぼすといった内容をお伝えしました。 yoshimura-taro.info 今回は骨盤を正しい位置にすることで身体にとってどのような良いことがあるのか! といったテ…

何歳になっても自分の足で歩くために

骨盤の位置を気にしたことありますか? 骨盤といえば腰回り全体の骨ですが この骨盤の位置によって何歳になってもスタスタ自分の足で歩けるかどうかが決まります。 最近歩くと疲れやすい、足が前に出にくいといった方は是非 読んでみてください。 目次 高齢…

人生のエンディングを楽しくするために

ブログ「元気な高齢者になるための秘訣」も今回で170記事となりました。 多くの方より質問や感謝のメールを日々いただき感謝です。 いつもありがとうございます! 今回はなぜこのような情報発信を続けているかについてお伝えいたします。 目次 おじいちゃん…

【重要】50代から急降下する筋肉量に注意

筋肉量の低下は何歳からはじまるのか? 意識して筋肉を動かしことをしていないと、二十歳を過ぎたあたりから筋肉量の低下は始まっています。 下のグラフは筑波大学大学院による太ももの筋肉量の変化を示したものですが、50代から急降下しています。太ももは…

1日3分で若返る方法

クイズ 顔の部位で一番老ける部位はどこでしょう? ①目 ②鼻 ③口 正解は①の目です。 年齢とともに目元がたるんでくるという事実にドキッとしている方もいらっしゃるかと思います。 男性はあまり気にしませんよね(^^)/ どちらかといえば女性の方が顔の老化を気…

介護保険サービスを有効活用するためには

介護認定で要支援1・2と認定された方は要介護状態にならないために介護予防サービスを利用します。介護予防サービスは要介護の方よりも受けられるサービスの幅が少し狭くなりますが実際に受けるサービス内容としては、ほとんど同じです。一部をご紹介する…

+10(プラステン)を活用しよう

+10(プラステン) という言葉を聞いたことはありますか? 厚生労働省より国民に向けて運動によって健康増進を実現するためのガイドラインとして2013年より提唱されているものですが認知度はかなり低いのではないでしょうか。 今回はこの+10(プラステン)…

心のあり方が健康寿命を決める

老後に向けての介護予防には運動はもちろん大事ですが 心のあり方が老後生活の幸福度を決めると考えております。 目次 普段使う言葉に注意 美術鑑賞を楽しむ高齢者はうつ病になりにくい 花の画像を数秒見ることでストレス軽減 おわりに 普段使う言葉に注意 …

【介護予防】足腰を鍛える超最強トレーニング

「文明の利器」 文明がもたらした便利な道具・機械。 洗濯機はボタン一つ 掃除機もボタン一つ 電気もリモコンでポチ、、 と思いきや 「電気つけて」と声に反応して電気がつく時代(笑) 何でもかんでも便利になりすぎるのも 考えものです。 目次 活動時間の減…

介護が必要になるきっかけ

一度の人生。 介護が必要ない状態で 死期をむかえたい。 「ピンピンコロリ」を望む高齢者は 多いかと思います。 そこで今日は知っているようで知らない 介護が必要になるきっかけについて お伝えいたします。 目次 なにがきっかけで介護が必要になるの? 身…

認知症の予防はストレス対策から!

以前読んでいた本の中から 「脳に免疫力をつければ病気にならない!」 著 苫米地英人(認知科学者・カーネギーメロン大学博士) 徳間書店 この本は衝撃的な内容が多く 何度か繰り返し読んでいます。 今回はその中から認知症予防について一部抜粋して お伝えし…