パーソナルトレーナー吉村太朗の元気な高齢者になるための秘訣

人生100年時代をサポートします。介護が必要ない元気な高齢者になるための秘訣を発信してまいります!

朝起きて腰が痛いのはなぜか?

こんにちは。

介護福祉士×パーソナルトレーナーの
吉村太朗です!

このブログでは私が現場実践で培った

「元気な高齢者になるための習慣術」についておとどけしております。

 

是非!多くの方に実践していただき
安心した老後生活を過ごしていただきたいという熱い気持ちで配信してまいります。


先日、調布市にある
佐須町ふれあい家で
「健康体操~さあ!今からはじめる介護予防~」が
行われましました。

 

当日参加いただいた方からの質問で

「朝起きると腰が痛いのはなぜか?」
との質問をいただきました。

 

目次

朝起きて腰が痛い理由

 

 

朝起きて腰が痛む理由は
大きく分けて3つあります。

 

まず1つめは


寝る体勢

皆さんは寝る時
どのような体勢で眠っていますか?

仰向け、横向き、うつぶせ、、、

人それぞれ身体状況によって
一概にはいえませんが


一般的に
仰向けで寝ることは腰に負担がかかります。
うつぶせで寝ることも腰に負担がかかります。

となると、、、

 

横向きが比較的腰に負担が少ないと
考えられます。


2つめは


冷えが原因での腰痛

冷えは万病の元ともいわれ
腰痛にとっても大敵になります。

冷えの予防のためにも1日の終わりに
ゆっくりお風呂に入ることが重要に
なります。(半身浴でも可)

また、直貼りのカイロのような便利な

商品もありますので冷えの対策に

最適かと思います。

 

久光製薬 温熱用具直貼Mサイズ (腰・背中用) 8枚

久光製薬 温熱用具直貼Mサイズ (腰・背中用) 8枚

  • 発売日: 2016/09/08
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

そして3つめは

 

寝返りをしていない


こどもは寝返りをいっぱいしています。

朝起きたら頭が逆の方向を向いていることも

よくある話です。

 

しかし、高齢になると寝相がどんどんよくなってきて

ほとんど身体が動いてないことがあります。

 

座っている時と同様で

人間、同じ姿勢でいることは身体への負担が

大きくなります。

 

子供のように無意識に寝返りをうつことが

できないのであれば意識をして寝返りをうってみる

というのも良いです。

 

布団に入ってから右向き→左向き→寝やすいと感じる向きで寝る

といった具合で(^-^)

 

寝る直前に簡単なストレッチをするということも

おススメいたします。

 

注意が必要なのが

息があがるほどの激しい運動は

交感神経が優位に働き睡眠を妨げてしまうので

あくまでもリラックスできる程度の

ストレッチにしてください。

 

f:id:taro529:20201210071237j:plain


今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 


介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

函館エリア唯一下肢筋力強化専門パーソナルトレーニング


パーソナルトレーニング、介護予防についての
質問はこちらへ↓
taro529@hotmail.co.jp