パーソナルトレーナー吉村太朗の元気な高齢者になるための秘訣

人生100年時代をサポートします。介護が必要ない元気な高齢者になるための秘訣を発信してまいります!

認知症の予防はストレス対策から!

 

以前読んでいた本の中から

「脳に免疫力をつければ病気にならない!」

著 苫米地英人(認知科学者・カーネギーメロン大学博士)

徳間書店

 

この本は衝撃的な内容が多く

何度か繰り返し読んでいます。

 

今回はその中から認知症予防について一部抜粋して

お伝えします。

 

f:id:taro529:20180324170519j:plain

目次

 

 

認知症が発症するタイミング

認知症が発症するタイミングとして

 

男性だと仕事を定年退職して今までバリバリ仕事を

していた人が目的意識がなくなり

自己喪失感というストレスによるものです。

 

女性だと子供が結婚して家を出て行ったり

夫が死んで今までの環境がガラッと変化した

ことによるストレスです。

 

認知症の脳の状態はPTSD(心的外傷ストレス障害)と

同じ状態といわれPTSDの方の脳は

強いショックとなった出来事を忘れようとして

記憶を司る海馬が損傷します。

認知症もショックを忘れようと海馬の細胞が痛むため

老人性PTSDともいわれます。

 

私自身、介護の現場で働き認知症の方とは

多く会ってきましたが

認知症とストレスの関連性は深いと感じています。

 

認知症予防の結論

では、どのような対策をするべきなのか。

 

結論としては

「人生の目標をもって生きること」です。

これはまわりの人をみても納得できると

思います。

高齢者の中でも90歳をこえれば

ほとんどの方が認知症とされていますが

90歳をこえても認知症を発症していない方は

例外なく目標をもっています。

 

目標を紙に書く

目標といっても

「もうこの歳だし、、、」

「目標って言っても、、、」

 

それがダメなんです(^O^)

 

それが知らず知らずのうちに脳への

ストレスになっているんですよ。

 

目標といっても

そんなに大きな目標でなくても

死ぬまでにこれをやってみたい

食べてみたいといった感じでもオッケーです。

 

さあ!

何でも良いので紙に目標を書いてみませんか。

 

 

パーソナルトレーナー 介護福祉士

吉村 太朗

 

公式ホームページ

yoshimura-taro.com