パーソナルトレーナー吉村太朗の元気な高齢者になるための秘訣

人生100年時代をサポートします。介護が必要ない元気な高齢者になるための秘訣を発信してまいります!

劇的に姿勢改善したおばあちゃんの話し


こんにちは。

介護福祉士×パーソナルトレーナーの吉村です。

 

このブログでは

「元気な高齢者になるための習慣術」について
おとどけしております。

是非!多くの方に実践していただき
安心した老後生活を過ごしていただきたいという
熱い気持ちで配信してまいります。

 

今日は私が実際に
お会いしたことがある
背中が丸まり姿勢が悪いことが悩みだった
高齢者の女性(当時87歳)のお話しです。


ある習慣をきっかけに
姿勢が劇的に良くなった
というお話しです。

 

姿勢が悪いと心と体に悪影響


姿勢が悪いことで
肩こり、腰痛、血行不良、内蔵機能低下、メンタル低下
などなど、さまざまな体調不良の要因となりますので
姿勢改善は元気な高齢者になるために
必要不可欠な条件となります。


そんな姿勢が劇的に改善するなんて
本当にありえるのか?

 

姿勢改善したおばあちゃん

 

その高齢女性にお目にかかったのは
私がヘルパーの資格を取得中の
訪問介護の現場体験をしたときです。

その女性と初めてお会いした時の
私の感想は
「なんて姿勢が良いのだろう」
「とても87歳には見えない」
「イキイキ、元気だなー」
といった印象でした。


その当時から高齢者の元気になる秘訣に
ついて関心があった私は
その女性に興味をもち
おもいきって聞いてみました。


「なぜ、そんなに姿勢が良いのですか?なにか運動でも?」


その女性
「いえ、運動は何もしてません(^_^)」


えっ?運動してないのに姿勢が良い?


ますます興味がわいてきて
さらに聞いてみました。

「とは言っても、何か秘訣(姿勢が良い)はありますよね?」
と聞いてみると。


その女性は
壁を指さして

「あれです」と小さな声で答えました。

 

姿勢改善方法


女性が指さす壁には

自分で姿勢改善する秘密がありました。


なにやら四角い白い紙に星マークが書かれていました。

その紙は一カ所だけではなくて
家中の様々な所に貼られていました。


何かの宗教かな??と一瞬頭によぎりましたが


その四角い白い紙の星マークには
姿勢が良くなるために必要な
秘密が隠されていました。
 


f:id:taro529:20190421124607j:image

その女性は一人暮らしをしていて
ある日、久しぶりに会った息子から
姿勢が悪くなってきていると心配されてから

「自分自身でなんとかしなければ」
と感じたそうです。


そこで、その女性が行ったことが
「意識改革」
 
姿勢を良くしようと思っているだけでは
すぐに忘れてしまうから
常に思い出せるように!と決意。

「壁には印を張れば、常に思いだせる」と実践したそうです。

壁の星マークが目に入るたびに
ピッと姿勢を正しているそうです。
毎日。


そのような習慣を約半年間
継続していたら
自分でもビックリするくらいの
姿勢改善があり

ご家族もビックリ

ピッと姿勢が良い女性に
「お母ちゃん何したの?」と
目をまん丸にしていたそうです。


この女性が行った意識改革は非常に大事で
人間は年齢に関わらず姿勢を良くしようと
思っていても
すぐに忘れてしまいます。

そこで忘れないために壁に印をつける
ということは素晴らし意識改革だったと
思います。

 

その女性は姿勢が良くなったことにより
肩こり、腰痛の改善にくわえて
なによりも「気持ちが前向きになった!」と
仰っておりました。

 

実際に私のお客様にも
手作りの星マークカードを渡して
実践していただき
姿勢改善につながっておりますので


是非皆さんも実践してみてください。

 

今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 


介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

 

 

パーソナルトレーナー 介護福祉士

吉村 太朗

 

公式ホームページ

yoshimura-taro.com