パーソナルトレーナー吉村太朗の元気な高齢者になるための秘訣

人生100年時代をサポートします。介護が必要ない元気な高齢者になるための秘訣を発信してまいります!

江戸時代の俳人に学ぶ健康法則

こんにちは

介護福祉士×パーソナルトレーナーの

吉村です。

 

今日はメルマガで配信いたしました

「健康十訓」についておとどけいたします。

 

「健康十訓」とは江戸時代の俳人である
横井矢有が作ったとされている
ありがたいお言葉です。



f:id:taro529:20190417092847j:plain


「健康十訓」

1 少肉多菜(肉をほどほど、野菜をたっぷり)
2 少塩多酢(塩分を控えて、酢を多く)
3 少糖多果(砂糖を控えて、果物を多く)
4 少食多噛(満腹になるまで食べず、よく噛んで)
5 少衣多浴(厚着を控えて、風呂に入ろう)
6 少車多走(車ばかり乗らず、自分の脚で歩こう)
7 少憂多眠(くよくよせず、たくさん眠ろう)
8 少憤多笑(あまり怒らず、朗らかに笑おう)
9 少言多行(文句ばかり言わずに、まずは実行)
10 少欲多施(自身の欲望を控え周りの人々に尽くそう)


すごいですよね。

医学が今ほど進化していない江戸時代から
すでに健康に対する本質をしっかりとらえている。

すごい言葉の力を感じます。


この10項目すべてを心がけることは大変かと思いますが
どれか一つだけを実施するだけでも
確実に良い健康習慣になると思います。



今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 

 

パーソナルトレーナー

吉村太朗

函館エリア唯一下肢筋力強化専門パーソナルトレーニング