パーソナルトレーナー吉村太朗の元気な高齢者になるための秘訣

人生100年時代をサポートします。介護が必要ない元気な高齢者になるための秘訣を発信してまいります!

エンディングノートの重要項目

 

こんにちは!

パーソナルトレーナーの吉村です。

 

今年も残りわずかとなってまいりました。

私にとっては人生について色々と考えるきっかけとなった1年でしたが、皆さんにとってはどんな1年だったでしょうか?

 

今日は人生の終わりに向けての活動である

「終活」についての内容となります。

はたして「終活」は必要なのか?ということを考えてみたいと思います。

 

先日、本屋にたちよったら

エンディングノートなるものが

多数売られておりました。

 

目次

 

 

エンディングノートとは?
f:id:taro529:20201229135937j:image

 

 エンディングノートとは人生の終末期に迎える死に備えて自分自身の希望を書き留めておくものです。

 

内容としましては

・資産について

・葬儀やお墓について

・友人の連絡について

・家族へのメッセージ

・保険について

・医療・介護について

 

ノートによって多少異なりますが

だいたいこのような内容です。

 

エンディングノートで一番重要視する項目

私が思うエンディングノートで一番重要視してほしい

項目が「延命治療」についてです。

 

「延命治療」とは治療しても回復の見込みがなく人工呼吸器や胃ろうにより生きるということです。

 

自分自身でそれを望むのであればそれで良いかと思いますが、そうでない場合は記録として残す必要があります。

 

なぜならば認知症や何らかの理由で意思表示ができない状態になった場合に判断するのは家族だからです。

 

家族としては少しでも長く生きてほしいという気持ちと

本人の気持ちを考えたら、、、

といったことで判断に苦しむといったケースが

多くあります。

 

それを考えたら自分の意思表示を記録に残すことと

家族に直接伝えておくということは

 

自分のエンディングを自分で決めるという

ことになります。

 

 

パーソナルトレーナー 介護福祉士

吉村 太朗

 

公式ホームページ

yoshimura-taro.com