大地とつながるワークで自己肯定感アップ

運動×コミュニケーションで豊かな老後をマネジメント!

【自己肯定感アップ】ポジティブな気持ちになれる!大地とつながるワーク

もっとポジティブに生きたい!

すぐに周りと自分を比べてしまって気が付くとネガティブな「モヤモヤ君」「モヤモヤちゃん」になっていませんか?

ポジティブ!ポジティブ!と頭で考えても現実は変わりませんよね。

自分も30年以上そうだったので、気持ちがすごく分かります。

ではどうしたら自己肯定感が高まりポジティブに生きられのか!

自己啓発本を読みまくるよりも効率良い方法は、、、

頭より先に体を動かすことです。

大地とつながることで解決できるかもしれません。

大地とつながろう

現実を変えるためには動くしかありません。

じっと瞑想していても現実はそのまま。

まずはじめに足が地につく感覚について考えてみましょう。

足が地につく

行動、気持ちなどがしっかりしている。落ち着いている。

(日本国語辞典)

足が地についていな状態で何かはじめようと思ってもモヤモヤした気持ちで行動できなくてゼロからイチに進むことも難しいと思います。

普段生活をしていて足が地につく感覚を感じる。

実はこの感覚が自己肯定感を高めるために重要になってくるポイントです。頭の中で「人と比べない」「前向きに」「ポジティブに」と唱えてもモヤモヤした変わらぬ毎日を過ごすことになってしまいますが足が地につき大地とつながる感覚をもつことが最も効率よく心も体もポジティブに変化できる最短ルートになります。

大地とつながるワークでしっかり地に足がついた自分になり自信をもち堂々とした気持ちで前にすすめるようになりましょう。

運動不足、運動嫌いの方にもおすすめ

シニアとの会話で「足がフアフアした感じがする」といったワードがとびだしますが、まさにメンタルの状態が不安定なケースが非常に多いです。

普段生活をしていて座りすぎだったり足を組んだ姿勢が続くと地に足がつく感覚がにぶくなってしまいますので運動不足、運動嫌いの方は特に地に足をつけるトレーニング必要になってきます。

きつい筋トレや厳しい食事制限もないのでお手軽に出来るトレーニングです。

足指への意識

地に足をつけるために必要なことは足指への意識です。

二足歩行の人間が体全体で唯一地面と接地している部分は足の裏と足の指ですが日常生活で足指を意識している方はごく少数に思われます。

右10本、左10で計20本の指の1本1本に意識を向けている人とそうでない人では地に足をついている感覚も違ってきます。

どのように意識をむけるのかというと、シンプルに自分の足の指を触るという習慣をもつことです。どの指からでもかまいません。

足の指の爪を1本1本優しくねじったり、ひっぱたりするような感じでマッサージしてみてください。自然な呼吸でリラックスしながらやることがポイント。

指1本あたり10秒ほどで大丈夫です。足指マッサージで足指に意識を向けた後に歩いてみると地に足がついている感覚を実感できると思います。

まとめ

今回の記事ではポジティブな気持ちになれる!大地とつながるワークということで足指に意識を向けることに焦点をあてました。

頭より先に体を動かすこと。

まさにこの習慣こそが豊かな人生のための大きな大きな一歩になります!

 
 

パーソナルトレーナー 

吉村 太朗

https://lit.link/TARO358

 

大地とつながるワーク!ライン公式に登録で特典あり

🎁世界一効率よく足腰を鍛える3ステップ講座

🎁大地とつながるトレーニング動画 

lin.ee