パーソナルトレーナー吉村太朗の元気な高齢者になるための秘訣

人生100年時代をサポートします。介護が必要ない元気な高齢者になるための秘訣を発信してまいります!

元気な高齢者の言語習慣

東京オリンピックまであと何年でしょう?。

 

こんな質問を高齢者に問いかけると、、、、

 

「あと2年!」「2020年!」との答えに時の流れの早さを

感じます。

まだまだ先かと思っているとすぐですね。

 

 

 

今日は、元気な高齢者の言語習慣についてがテーマです。

ちょっとした意識の変化でこれからの100年時代に向けて元気であり続けるための

事前準備をすることができます。

 

元気に年をとる高齢者と
そうでない高齢者の圧倒的な違いとは?

 

もちろん普段からの運動習慣は重要となりますが

ただやみくもに運動するよりも最も効果があるのが

普段の使う言葉です。

実際に高齢者の方と接して会話する中で
介護度が軽度化される方と重度化する方で
普段使う言葉に大きな違いを感じたからです。

 

高齢者の言語習慣でよくあるパターンが
「もう歳だから」「どうせ、やったって」「無理無理」
「でも、だって」「疲れるから」「痛い」「だるい」
などなど

ネガティブな発言と出来ない理由が多くなりがちです。

老人性のうつ病が原因だったり本当になんらかの原因で疲れや痛みに日々悩まれている方もいらっしゃると思いますが、そのような発言が多くなればなるほど

悪循環にはまり、その言葉は現実のままとなります。

 

言葉は生きているという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、その通りです。

 

何歳になっても元気な高齢者は
日常生活動作が困難になってきた時には

「どうしたらいいものかねー?」「どこの筋肉をつけたらいいですか?」「なにが原因かな?」と

常に「どうしたらいいか?」という言葉で問題解決に努めています。

そして、どうやっても無理なことに関しては
「仕方ないね!」とあきらめもキッパリしています!(^^)/

 

日常生活の言語習慣を意識することによって
ココロもカラダも元気な高齢者になることができます。

まずはポジティブな言葉がけを心がけるために

 

「どうしたらいいか?」を考えて発言しましょう!

 

下記のホームページのお問合せフォームからでも皆さんの

「どうしたらいいか?」の質問をお待ちしております!

 

 

パーソナルトレーナー

吉村太朗

函館エリア唯一下肢筋力強化専門パーソナルトレーニング