パーソナルトレーナー吉村太朗の元気な高齢者になるための秘訣

人生100年時代をサポートします。介護が必要ない元気な高齢者になるための秘訣を発信してまいります!

座りすぎが病気を誘発!?

 

こんにちは!

函館は昨日、雪が降りました(^-^)

いよいよ冬支度!

がっちり足腰を鍛えましょう。

f:id:taro529:20181112114503j:plain

今日は座りすぎによって誘発する悪影響についてです。

 

2011年にWHO(世界保健機構)が公表した

「座って動かない生活が続くと肥満や糖尿病

心疾患、高血圧、がんなどの病気を誘発する。」

というデータが伝えられました。

 

ここで問題になっているのが

日本人が最も一日で座っている時間が長いということです。

 

他国の一日の座っている時間の平均が300分に対して

日本は420分です

(出典 AdrianB,et,2011)

 

また、座りすぎは下肢の血流循環が悪くなることで

「むくみ」の原因になり

下肢のしびれや足首まわりが固くなり

転倒のリスクが高くなるころにつながります。

 

これを読んでいる今も座っている方が多いかと思いますが

 

まず座ったままで

①姿勢を正して両足のかかとを上げたり下ろしたりを

ゆっくり20回

 

②両手を組んで伸びのストレッチを

息を止めずに10秒

 

次は立った状態で

①②の同じ動きをやってください。

 

一日ですわっている時間が長い方は30分に一回は

上記の運動を心がけてやってみてください。

 

今からはじめて

元気な高齢者を目指しましょう(^-^)

 

 

パーソナルトレーナー 介護福祉士

吉村 太朗

 

公式ホームページ

yoshimura-taro.com